お茶染めを文化に。

 

 

先人から受け継いだ伝統と技術

 

伝統工芸に限らず

すべてものは先人の積み重ねの上に成り立っている

 

それらを受け継ぐ者として自らの研鑽と工夫によって進化させ

後進へと広く伝えて行く

 

それがまた新たな伝統となり文化となる

 

News


Profile


 

お茶染めWashizu. 代表

 

鷲巣 恭一郎(WASHIZU KYOICHIRO)

1979年 9月 18日生

 

- お茶染め -(植物染料を使用した型染め)

静岡の基幹産業である「お茶」の製造工程で廃棄される部分を使った「お茶染め」の研究を始め、お茶染め文化創出のために活動中。

 

・鷲巣染物店 5代目

・静岡市染色組合「駿河和染」 理事

・静岡デザイン専門学校 非常勤講師

・静岡工芸家協会 準会員

・駿府の工房 匠宿 染工房 工房長

2001  鷲巣染物店にて修行 

2006  お茶染めの研究開始

2019  HoD共同プログラムにてミラノサローネ出展

2021  世界緑茶協会O-CHAパイオニア賞CHAllenge賞受賞

2021  伝統工芸体験施設「駿府の工房 匠宿」染工房 工房長就任

2022  第48回静岡県工芸美術展 県知事賞受賞

2023  第97回 国展入選

2023  第49回静岡県工芸美術展 奨励賞受賞

2024  第98回 国展入選