PROCESS

 Maison TEAxtile の ものづくりを紹介します。

天然染料による染色は、どの工程ひとつとっても決して手抜きが許されない繊細な作業の積み重ねです。

より丈夫に、より発色の良い染め上がりを追求して様々な工夫が盛り込まれた作業の一部をご覧ください。

全工程を手作業で丁寧に染め上げてようやく完成するお茶染めの生地は私たちの誇りです。

静岡の茶葉をたっぷりと

製造工程で出るものや、様々な理由で商品にならない茶葉をたっぷりと使用して、お茶染めの染料を作ります。

 

じっくりと煮出して、染液を抽出します。

たっぷりの茶葉を沸騰させずに低温でじっくりと時間をかけて煮出していきます。

木綿の生地で茶葉を濾すことで、ムラの原因になる余分なカスを取り除きます。

堅牢度の高い「煮染め」で染めています。

十分な堅牢度を実現するために、厳正な温度管理のもとで丁寧に生地を染めていきます。煮出した茶葉を濾して鉄分を添加したら生地を投入し、じっくりと温度を上げて煮ていきます。

この手間の掛かる作業を十分な発色が得られるまで繰り返します。

静岡の伝統工芸「駿河和染」の技術で染めています。

駿河和染について

-するがわぞめ-

 

静岡市には「麻機」「賤機」「服織」など布に関した地名が多く残っています。今川時代には木綿が盛んに作られ、八幡織木綿、中島紬などの織物の名もみられ、織物とならんで染色業も発達し、紺屋町ができ、型染や手描きの紋染が行われ、近郊農村では染料の藍の栽培が盛んに行われました。
江戸時代には、武家のために幟 ( のぼり) 、旗差物 (はたさしもの) 、町家のためにのれん、伴天、作業衣など、また祝儀物として筒描きによる定紋入り風呂敷などが染められ、旧安倍川の川筋に沿って多くの紺屋が繁盛したといわれています。
しかし、明治になり、交通の発達から他産地からの進出、機械染色の出現など近代化の波のなかで、紺屋の仕事も減少しました。
再興の機を与えたのは大正後期に起こった民芸運動で、直接には芹沢銈介氏 ( 当時県工業試験場技師、人間国宝 ) が静岡やその他の地域に残る染色技術と芸術性の発掘に努力し、その成果が実って、新たな静岡における和染興隆の端著となりました。

 

※ 静岡県郷土工芸品振興会「しずおかの郷土工芸品」より。

 

お問合せ

メモ: * は入力必須項目です