伝統とは何か。続

「出会い」が人生を豊かにする。 

 Philosophy of Maison TEAxtile

古いから良いのか。それとも良いから残っているのか。

 

いわゆるヴィンテージという分野は年代がつけば価値が上がる。新品にはない雰囲気、風格が魅力となり人々を惹きつける。

しかし伝統工芸の分野においての答えは「それが良いから残っている。」べきである。

 

昔ながらのやり方に価値があるからではなく、総合的に判断し最良の方法が他にないから守り続けているのだ。

機械では表現できない結果が得られるから手作業で行う価値がある。

もし手作業と同等、もしくはそれ以上の結果が残せるのであればその手段を導入すべきだ。

伝統工芸の技術は先人たちのトライアンドエラーの積み重ねによる努力の結晶であり、当時の最先端であったはずだ。

 

その恩恵に与かる者のするべきことは、自らも革新を続けること以外にはない。

その中から良い結果が得られたものを後世に伝えていけばいい。

 

生産者として大切なことは、高い品質と満足を消費者に提供することである。

この壮大な目標に自らが挑んでいると思うと・・、まったく・・素晴らしい人生の選択をしたとつくづく思う・・。

 

 

 

静岡の伝統工芸「駿河和染」の技術で染めています。

駿河和染について

-するがわぞめ-

 

静岡市には「麻機」「賤機」「服織」など布に関した地名が多く残っています。今川時代には木綿が盛んに作られ、八幡織木綿、中島紬などの織物の名もみられ、織物とならんで染色業も発達し、紺屋町ができ、型染や手描きの紋染が行われ、近郊農村では染料の藍の栽培が盛んに行われました。
江戸時代には、武家のために幟 ( のぼり) 、旗差物 (はたさしもの) 、町家のためにのれん、伴天、作業衣など、また祝儀物として筒描きによる定紋入り風呂敷などが染められ、旧安倍川の川筋に沿って多くの紺屋が繁盛したといわれています。
しかし、明治になり、交通の発達から他産地からの進出、機械染色の出現など近代化の波のなかで、紺屋の仕事も減少しました。
再興の機を与えたのは大正後期に起こった民芸運動で、直接には芹沢銈介氏 ( 当時県工業試験場技師、人間国宝 ) が静岡やその他の地域に残る染色技術と芸術性の発掘に努力し、その成果が実って、新たな静岡における和染興隆の端著となりました。

 

※ 静岡県郷土工芸品振興会「しずおかの郷土工芸品」より。

 

お問合せ

メモ: * は入力必須項目です