二重刺子

「出会い」が人生を豊かにする。 

 Philosophy of Maison TEAxtile

二重刺子(ふたえさしこ)

 

この生地に逢わせてくれたのは私の父だ。

押入れを整理していた時に、棚の奥から偶然見つかった。

 

うちは以前、硫化染め(りゅうかぞめ)という染色も行っていたが、それはもう30年も前の話。

当時は半纏を染めていたので、その時の在庫だろう。

 

その昔、火消しが火の粉から身を護る為に二重刺子で半纏を仕立てて身に纏ったそうだ。

 

初めてその生地に触れた時は、厚過ぎて自分で染めようという発想が湧かなかった。

染色技法は様々存在するが、大きく分けて生地を丸ごと染液に浸ける方法の浸染(しんぜん)と、生地の両端を引っ張り刷毛で

染めていく方法の引染め(ひきぞめ)のふたつに分類できる。

 

私が普段行っている染色法は後者の引き染めである。

張手(はりて)という針が複数ついた棒状の道具に生地の両端を固定し生地を張るのだが、染料を含んだ生地はかなりの重さになる。

案の定、二重刺子を引き染めしようとした時、張手の針が折れ、固定金具が弾け飛んでしまった。

 

しかし、見れば見るほど、触れば触るほどに生地の持つ特異さが私の心を掴んで離さなくなる・・。

もはや生地と呼んで良いのかと思うほどの厚さ、ざっくりとした織りによる凹凸。

お茶染めに更なるインパクトを与えてくれる存在感・・。

 

そこで既成の道具は諦めて自分で作ることにした。

大した道具ではないが、おかげで張手が破損することはなくなった。

以来、試行錯誤を繰り返し商品化したのが「SASHIKO TOTE BAG 01」というトートバッグだ。

 

今ではMaison TEAxtileの代名詞となった二重刺子に出逢わせてくれた父に感謝している。

静岡の伝統工芸「駿河和染」の技術で染めています。

駿河和染について

-するがわぞめ-

 

静岡市には「麻機」「賤機」「服織」など布に関した地名が多く残っています。今川時代には木綿が盛んに作られ、八幡織木綿、中島紬などの織物の名もみられ、織物とならんで染色業も発達し、紺屋町ができ、型染や手描きの紋染が行われ、近郊農村では染料の藍の栽培が盛んに行われました。
江戸時代には、武家のために幟 ( のぼり) 、旗差物 (はたさしもの) 、町家のためにのれん、伴天、作業衣など、また祝儀物として筒描きによる定紋入り風呂敷などが染められ、旧安倍川の川筋に沿って多くの紺屋が繁盛したといわれています。
しかし、明治になり、交通の発達から他産地からの進出、機械染色の出現など近代化の波のなかで、紺屋の仕事も減少しました。
再興の機を与えたのは大正後期に起こった民芸運動で、直接には芹沢銈介氏 ( 当時県工業試験場技師、人間国宝 ) が静岡やその他の地域に残る染色技術と芸術性の発掘に努力し、その成果が実って、新たな静岡における和染興隆の端著となりました。

 

※ 静岡県郷土工芸品振興会「しずおかの郷土工芸品」より。

 

お問合せ

メモ: * は入力必須項目です